週刊こーひーコラム「プロのつぶやき」

No.954【差別化ターゲット嫌いな商売】

梅雨にはいったら夏の強い日差しが続いた千葉です・・・週明けから雨模様のようです。

こーひーレッスンは出張したり、おゆみ野店でしたり、いつものように伝えています・・・そして、もうすぐおゆみ野店から徒歩5分の小学校でのこーひーレッスンがあります。地域のママさんたち、毎日忙しいでしょうから、2時間くらいの時間ですが、こーひー飲んでママ友とおしゃべりして、ゆっくりと楽しんでもらえたらと思っています。

ワークショップもケーキにお花のアレンジに美文字とフル回転になってきました・・・ビーンズショップとして豆や粉を販売するだけでは無くて・・・地域の暮らしに馴染んでいきたいと思っていますので・・・まずはイメージに近いスタートになっています。

そうそう・・・おゆみ野店開店して2ヶ月が過ぎて・・・ペースができてきましたので・・・今月からは息子二人は隔週週休2日にしました。親父は自分で始めた商売なので休みも何も関係無く・・・起きているときはいつも仕事な感じですが・・・息子に同じことはさせられませんね。

相変わらずの小商いでも・・・夫婦でやっていた時と、息子二人とパートさん3人になった今では少し体制が変わってきています・・・働き方改革(笑)

夫婦二人のお店と言えば・・・こちらもおゆみ野店から徒歩5分にさかもとこーひーを使ったカフェが開店準備しています。オーストラリアに8年いらしたご夫婦で・・・ご主人が調理、奥さんがバリスタをされていたそうです。

先日は朝6時半に本店にいらして・・・じっくり焙煎見学しながら・・・がっつりさかもとこーひーの素材、焙煎、美味しさについてお話ししました。

エスプレッソの擦り合わせも一緒にして・・・マルゾッコとシモネリという素晴らしいマシーンとグラインダーが光って・・・メッシュを微妙に変えながらそのエスプレッソの評価をすることを繰り返し・・・ほんの少しの抽出不足や過抽出を体験してもらい・・・まぁ、世間では当たり前に商品になっているレベルなんですが・・・ドンピシャに決まった時の「おいしい!!」の笑顔が素晴らしかったです・・・ほんの数秒の違いがポイントなんですね。

そんなこんなで・・・レストランやカフェのオーナーやシェフ・・・それに女性も色々と商売されている方が増えて・・・お話しする機会がありますが・・・そんな時に必ず出る言葉が・・・差別化やターゲットです。

ネットでマーケティング情報が増えているからか・・・当たり前のように差別化やターゲットと使われています。

勿論、それはそれで良いのですが・・・さかもとこーひーは「差別化ターゲット嫌いな商売」なんです。

差別化って・・・お客さんでは無くて競争相手に対する差別化なんですよね。大切なのは自店のお客さん常連さんに価値や魅力をお届けすることだと思っているので・・・自店のお客さん向けの商品やサービス、店作りをしていれば・・・結果として他所の同業とは違ってきますね。だって、お客さんが違うんですからね。

そして・・・ターゲット・・・お客さんは的か!!・・・お客さん狙うのか? さかもとこーひーはお客さんと同じ方向向くように意識しています。勿論、お金払うのなら誰でも良い訳では無くて・・・さかもとこーひーと相性の良いお客さん向けに価値や魅力を考えていますので・・・合わない方には価値や魅力の無い店だろうと思います・・・そういう方は他所のお店にお願いするしか無いのです。

先日「サワコの朝」観たら、山田洋次監督がゲストで、助監督時代の話になっていました・・・余談ですが助監督時代のエピソード好きなんです・・・黒澤監督が助監督時代に毎日1枚の脚本書いたら年に365枚の脚本になると・・・毎晩脚本書いた話しが今でも頭に残っています。

まぁ、松竹ですから戦後小津安二郎監督がマエストロで、まぁ家族の話しだったわけです。若い山田監督は芸術的なイタリア映画や豪快な黒澤監督のような映画に惹かれたそうです。

で、助監督修行で脚本をせっせと書いていたら・・・先輩監督に・・・どんなテーマの映画でも良いが、家族兄弟がベースにあると、それがしっかりと錨になって映画の構造が安定するとアドバイスされたそうです。それから数十年・・・気がつくと家族映画を撮るようになったという話しです。

これって、商売も同じかなと。

競合や売上や利益ばかり追っかけていると、お客さんが見えなくなる、数字ばっかりになってしまいがちです。(政治や官僚、学校の問題見ていても数字や法律のテクニカルなテーマばかりで・・・現実には暮らしがあるのに見えないと感じています。)

しかし、お客さんの暮らしには家族や夫婦兄弟親子、友人仲間があって・・・その暮らしのベースがあってこその買い物飲食になるのだから・・・前面にだす必要な無くても・・・売上の向こうには家族や夫婦友人があることを意識すると同じ商売が少し心地よくなるし・・・男に多い、腕自慢、素材自慢、勝負なメンタリティから離れ、パラダイムシフトしやすいかなと・・・売りの商売からパラダイムシフトできて、売らない商売が見えて来るかなと思いました。

お客さん、常連さんが増えれば・・・商売になっていきますからね。

さかもとこーひーは「部屋中にひろがる香りと後味の美味しさ」を大切にしています。

・・・

*グループでのご注文の際は、人数をお知らせください。
 メニュー小分け袋等、人数分同封いたします。

・・・

【選べるSセット】(税抜き表示になりました。)

1000円/250g〜の豆3袋以上で、セット価格、1000円/250gになります。 (同じ豆でもOK、各250g)
オークションこーひー等1800円/250g〜の豆は、「1000円+500円」になります、お楽しみください。

グループでのご注文の際は、人数をお知らせください。メニュー等、人数分同封いたします。ギフトにもご利用しやすいと思います。手さげ袋ギフトラッピング(小1〜2個用、大3〜4個用、無料)もご利用ください。分かりにくい点ご質問等ありましたら、お気軽にお尋ねください。

《ルワンダ・チヨコ》
《グアテマラ・ラリベルタッド/200g》
《コスタリカ・シンリミテス》
《夏への扉》
《スプラッシュカフェ》

他1000円/250g〜の豆から選べます。

 

【トレジャーズセット】250g×2袋、200g×1袋

さかもとこーひーのお宝コーヒーセットです。お楽しみください。

《ルワンダ・チヨコ》
《グアテマラ・ラリベルタッド/200g》
《グアテマラ・エルインヘルト・イエローナンス》

4000円(税抜き)

 

【《旬・瞬》Cセット】250g×2袋、200g×1袋

毎月さかもとこーひーの一番人気のセットです。お楽しみください。

《グアテマラ・ラリベルタッド/200g》
《夏への扉》
《コロンビア・ヴィラマリア》

3000円(税抜き)

 

【深煎り定番Bセット】250g×3袋

深煎り定番こーひーと、《旬・瞬》な深煎りこーひーの組み合わせで、毎月内容を変えていきます。

《スプラッシュカフェ》
《深煎りコスタリカ》
《カフェフィガロ》

3000円(税抜き)

 

【ジョイセット】100g×5袋

お陰さまでご好評頂いてすっかり定着したジョイセットです。さかもとこーひーの何がお好みか判らない方やギフトで先方のお好みが判らない等、迷った時にこの「ジョイセット」を選ばれることも多いようです。

「うちは量はそれほど飲めないんだけども、色々なこーひーを楽しみたいのね。それで、いつも何を頼もうか悩んでしまうの!」…そんな声を今迄たくさん頂いてきました。[いい感じの苦味系]と[軽やか系]に分けて、それぞれのお好みに合うよう新しいこーひーを毎月出して、セットにしてきましたが…でも、全部頼もうとすると量が多くなってしまう…そんなみなさんの声にお応えします。

その時の《旬・瞬》なお勧めこーひー100gを5種類、セットにしました。(手さげギフト袋(小1-2個用、大3-4個用、無料))

《ルワンダ・チヨコ》
《グアテマラ・ラリベルタッド》
《スプラッシュカフェ》
《夏への扉》
《コスタリカ・シンリミテス》

3000円(税抜き)


 

・・・はじめてのさかもとこーひー(通販専用)・・・

【はじめてのAセット】100g×5袋

さかもとこーひーはじめての方向けのセットです。その月の最高峰、お勧めこーひーをはじめての方限定のお試しセットにしています、お楽しみください。

《ルワンダ・チヨコ》
《グアテマラ・ラリベルタッド》
《スプラッシュカフェ》
《夏への扉》
《コスタリカ・シンリミテス》

2500円(税抜き、さかもとこーひー初めての方限定、ギフトはご遠慮ください。通販専用です。)


・・・

では、また・・・。

・・・
*要注意!…さかもとこーひーのコツは…
[挽きは細かく]
[粉の量は少なく]…です!
・・・
手さげ袋ギフトラッピング
(大2〜4個用、小1個用、無料)がご好評です。
・・・

【毎月お届けコース】

・お届けの量やご予算、お好み等お知らせください。勿論セットでも大丈夫です。セットにプラスしても大丈夫です。価格、送料等は通常のお届けと同じです。(最初はメールでご相談してください)
・・・
【代金引換払い】ご希望の方はお知らせください。
4000円以上、代引き手数料無料
4000円未満、代引き手数料200円
・・・
クール便(冷蔵、200円)ご希望の方は、連絡欄でお申し付けください。

【何を買ったら良いのか?お勧めは?その他ご質問等お気軽にメールしてください、お待ちしてます。】

【お願い】
冷凍保存した豆や粉を取り出したら、何よりも直ぐに!!袋を元の冷凍庫に戻してください。
冷凍、解凍の繰り返しは劣化を早めます。ジッパー付き袋をその為に使っています。
(豆は2週間以内でしたら、常温保存をお勧めします。粉は必ず冷凍保存をお願いします。)

《コーヒーはフルーツだ!》

2018年6月10日 坂本・丁寧な暮らし・孝文